スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして検査へ・・・

昨日病院に検査の予約の電話をして、朝ごはんを抜いて来院してくださいとの指示を受けたので、早起きして出張に行くよーさんを見送った後、小鉄と病院へ。
心配性は眠れなかったので寝不足です。

何事もなければそれでいい。
心配症のあーさんの思い過ごしで笑い話になればそれでいいのです。

検査結果は膀胱炎。
最近気になっていた多飲多尿の症状は腎臓が悪いとかではなかったのでよかったです。
1歳になったのをきっかけに全ての項目での血液検査と尿検査をしてもらいました。
少しのお金もかかったし、小鉄に痛い思いもさせたけどこれで安心して過ごせます。
後悔だけはしないように、できるかぎりのことはしてあげたいのです。

IMG_いたかったの
やっぱり採血の注射は痛かったらしい・・・
うなだれる小鉄。

2人とも犬を飼いたい気持ちはあったのになかなか踏み切れなかった理由。
いつか小鉄を失ってしまった時に、きっと悲しむよーさんを受け入れる自信がなかったから。

IMG_けっかをまつ
検査結果を待つ小鉄。
あーさんはドキドキが止まらない。

散歩をしながら、冗談交じりに話しをしたことがあった。

もし小鉄が死んじゃった時どうする?

よーさんは笑いながら、わかんないなぁ?その時は俺もう生きていけないかも。
冗談っぽくそう言うけど、優し過ぎるよーさんはきっと生きていけないに近い状態になるだろうな。

IMG_たいくつなのでねる
退屈過ぎてしまいには寝る小鉄。
彼には病院に来たという緊張感はない。

小鉄を我が家に迎え入れてしまったからには、もう後戻りはできない。
二人暮らしはめんどくさいけど、それなりに楽。
でも、小鉄を迎え入れたからには自分だけ良ければいいってわけにはいかなくなった。
自分を必要としてくれる存在を得たけど、責任も引き受けなければいけない。
そして、他人の気持ちまでケアできる人間にならなきゃいけない。
人の深い部分に関わるのは面倒だし、苦手で自然と避けてきた29年間だったのに。

飼い主はもっと強くならなきゃいけない。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うん、そうだね

ベルと一緒に暮すようになってから
「犬の十戒」を日にちを決めて読み返しています。
毎回毎回、泣くのですが…
読むたびに色んなことを思います。

命の重さは、みんな同じ。
花も犬も、勿論、人間も。
愛する愛される深さも、
みんな同じでありたいと思うのです。

No title

アタシが犬を飼うと決めた時、一人の友人がハガキをくれました。
そこには、星の王子様の狐のセリフ
『‥Tu deviens responsable pour toujours de ce que tu as apprivoise.
Tu es responsable de ta rose‥』
(‥略 めんどうをみたあいてには、いつまでも責任があるんだ。
 まもらなきゃならないんだよ、バラとの約束をね‥)
とありました。
「犬飼うの~? いいね」と気軽に言う人の多い中で
クギを刺してくれました。

責任を果たす為にも、あーさんの言う通り
飼い主はもっと強くならなきゃいけない。ですね。
肝に命じて、ハガキを机の前に貼ってます。

No title

こんばんわん☆

おおお、膀胱炎か~~。
でも、大丈夫!水分沢山あげて、おちっこ沢山だして
あげて~~♪
あ、あとねクランベリー泌尿器系にいいんだって!
http://www.michinokufarm.com/supplement_cranberry.htm
良かったら、ここみてみてね♪
うち、いつもみちのくさんで、サプリとかおやつ買ってるのだ♪♪♪
メールでの相談も、とっても親切にのってくれるから、良かったら、メール相談してみてちょ☆

確かに、人の奥深くまで知ってしまうと面倒な事多いよね。私もあーさんや、よーさんみたいに若い頃はそうだった。上っ面だけの付き合いしかしてこなかったよ。
でもね、歳取ると変わるの。
自然と考えが変わるから、今はそれでいいと思うよ。
無理してかえる必要は無いさ。

でも、小鉄たんという小さいけれど、大きな命を授かったんだもんね。
そこに対しては、2人できちんと話し合って、最期の時がくるまで面倒みてあげようね。
私達飼い主のゼッタイな責任だから。

命に永遠はないのだものね。

もうね、むくちんは、長くないと思う。
それを考えると、正直逃げたい。
本当に逃げ出したい。
みたくないし、認めたくないもんね。
でも、それでも、最期迄一緒にいてあげることが、むくちんに対しての責任だし、それをむくちんも望んでいるのかな~と思う。

今ね、側でくーくーねんねしてるの。
この寝顔を一日でも多く見ていられたらな~と思うよ~。

もちろん、ぽんとネロに対しても同じ★

小鉄たんも、あーさん・よーさんとずっとずっと一緒にいたいって思ってるよ☆
だって、あーさんもよーさんも小鉄たんとずっと一緒にいたいんだよね?
相思相愛なんだから、山アリ谷アリだけど、何かあっても3人で乗り越えられていけるはずよ~!

案ずるより生むがやすしさ~♪

ぽちっとな~☆

No title

あーさん、よーさんは偉いなぁ!!
まだまだワン2がいなくなったときのことを考える余裕はないかなぁ。

4年前に辛い辛い別れが合って、さん太がいるのにペットロスになりかけちゃったけど、やっぱり、犬のいない生活は考えられなかったなぁ・・・。
鬼のように仕事が忙しい時期だったってのも合ってなんとか切り抜けた感じだったけど。

でも、そんな強くならなくちゃ!とかって無理やり変わらなくてもいいと思う。
ワンと一緒に自然に強くなっていくものじゃないかな。
って・・・。
私もワン2に何かあるとそのたびにアタフタしちゃうから何かいえるほどじゃないんだけど。
でも、うちに来て良かったって思ってもらえるようにしてますよ~!!
自然にあーさんらしく頑張りましょ!!


うちは血液検査は毎年フィラリアの検査のときに一緒にやってもらってますよ~
採血かわいそうで、かわいそうで^^;
ってやっぱり甘~い飼い主だったのでした・・・。

よかった。。。。

大きな病気とかじゃなくってよかった。。。。。

うちはプーマが骨折したときが見るたびに痛々しくって,つらい毎日をすごしたから,本当に重い病気、ケガでなくてよかった。

あ~さんの言う通り、飼い主はもっと強くならないといけない。

私は彼女らを守る為に強くなくてはいけない。

オリーブ&プーマが私たちに与えてくれることは計り知れないぐらい沢山で、また,人生を何百倍って素敵にしてくれているので,
毎日、健康第一に考え、彼女達がたのしく,安心して過ごせるように努めています。

この子達と過ごせる時間を大切にしていきましょう!!







よかってですね

こんばんわ
  小鉄くん  膀胱炎でマア安心
  当面きちんと治療してくださいね
  またでできたと思わず
   あーさん&よーさんの人生に小鉄くんは
  選べれて家族になったんだもん
  これからも笑ってパパさんたちも暮らしてくださいね
  13.6歳送ったメルは心臓でよわかった
 母が同じ人間で病で薬も良く把握していたから
  でも小鉄くんにはお友達がいるから困ったときは
  またみんなに相談すればいいしね
  膀胱炎  完治お祈りしてます
   お大事に
   パパさんも年末でかぜここをつけてきださいね

ベル母さんへ

コメントありがとうございます☆

小さな命を預ってしまったのに、まだまだその扱いにオロオロする新米飼い主です。
小鉄がわたしたちにくれる喜びや幸せの分だけ彼にも何かを返してあげたいのですが、どうしていいのかわからず時々困り果てるのです。
時間をかけてゆっくりといい関係が築ければいいのですが。

bis-mamaさんへ

コメントありがとうございます☆

小鉄を家族に迎え入れて本当によかったと思っています。
彼が運んでくる色々な変化に驚きながらも、幸福を感じています。
ただ彼を失うのを怖いと思うのも正直なところなので、いつか来るであろうその日のためにも精一杯のことをしてあげたいのです。

日々起こる小さな変化にいちいち動揺してられないのですが、まだまだ動揺しっぱなしなのです。

むくぽんネロ☆ママさんへ

コメントありがとうございます☆

むくぽんネロ☆ママさんのblogいつも読んでますよ。
むくちんの記事いつも読んでるけど、何て言ったらいいのかわからずいつもコメントが書けないままでした。ごめんなさい。

軽い気持ちで小鉄を家族に迎え入れたわけではないのですが、その現実の大きさにびっくりします。
小さいながらも一生懸命な小鉄をどうしたら幸せにできるのか。
悩みながら、少しずついい関係が築ければなぁと思います。
大丈夫、絶対に責任を放棄することだけはしませんから。

クランベリーの情報ありがとうございます☆
小鉄ってクランベリーの配合されてるフード食べてるんだけどなぁ~。
サプリでさらにあげたほうがいいのか検討してみます!

さん&あんさんへ

コメントありがとうございます☆

心配症なんですよねぇ~・・・
目の前にある楽しいことを存分に楽しめばいいのに、いつかくるであろう
終わりのことを考えてしまうんですよね。
性格暗いですよね・・・。

うん、小鉄に強くしてもらってるって感じですね。
小鉄がいなかったらもっとちゃらんぽらんな人間だったんでしょうけど。
小鉄と一緒にいい方向に歩んでいければいいなと思います。

めぐさんへ

コメントありがとうございます☆

ほんと膀胱炎程度でよかったです。
腎臓や肝臓の病気だと発見した時点では症状が進行してることが多いらしいので。

本当に小鉄が我が家に来てよかったなぁと思うことはたくさんあります。
もうそれは数え切れないほどに。
だからこそ、いつまでも小鉄を守ってやれる飼い主にならなきゃいけないですね。
そう思わせてくれただけでも、小鉄に感謝したいです☆

ミルタママさんへ

コメントありがとうございます☆

膀胱炎程度の病気でよかったです。
命に関わるような病気じゃなくてよかったと思いました。
お薬飲んでしっかり治したいと思います。

犬の老後のケアや介護なんてしたことないけど、その時がきてもちゃんと責任持ってしてあげたいと思います。
小鉄がいつも幸せだと思えるようにしてあげるのが飼い主の責任ですもんね。
がんばります。

No title

命にかかわる病気じゃなくて良かったです。
しっかりお薬飲んで早く治るといいね。


子犬の成長が早いように、成犬になっても気づかないけど、同じスピードで生きているので、私は、悔いの残らないようにいっぱい愛して、今の時間を楽しんでます。

コテママさんへ

コメントありがとうございます☆

ほんと命に関わる病気じゃなくて良かったです。
これからも小鉄の体の変化はしっかり見ていきたいと思います。

そうですね。悔いの残らないようにしっかり愛情を注いであげたいです。

コテツイッタ~
プロフィール
script*KT*

あーさんとよーさん

Author:あーさんとよーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。